車>エンジン回転が高くても燃費が向上する高速道路の秘密

高速道路では100km/h前後で走行することも多いですが、
トップギアがあまり小さくない車や小排気量でパワーのない車では、
エンジン回転数が3000〜4000ぐらいで走り続けることになります。
以前に、エンジン回転数を上げるとそれに比例して燃料消費量が増えると書きました。
当然、高速走行でも同じです。

しかし高速道路ではエンジンの回転数を高め(燃料消費量が増える)に
してでも高速で走りぬけたほうが良いのです。
なぜか?
答えは「走行時間」です。
50km/hで走るとエンジンは2000回転で一時間に5リッター、
100km/hで走ると4000回転で一時間に8リッター消費する自動車があるとします。
(実際の自動車はもっと良いです、説明のため簡略化します)
200kmの距離を走るのに、50km/hで走ると4時間、消費量は20リッターです。
100km/hで走ると2時間、消費量は16リッターとなります。
つまり、たとえ時間あたりの消費量が増えても、
それを上回るだけの走行時間の短縮を図れるのです。

ただし、だからといってスピードを出しすぎると前に述べた空気抵抗は
2乗で増えていき、スピード違反もありますから150km/hとか
改造して200km/hとか出すのはダメですよ(笑

トップページ
燃費向上を阻む原因を知り、対抗する方法を考える
燃費を悪化させる空気抵抗の正体
燃費を悪化させる摩擦抵抗の正体
エンジンをかける前から省燃費は始まっている
発進前にタイヤの空気圧もチェック
まずは少燃費よりも無駄遣いを減らそう 前編
まずは少燃費よりも無駄遣いを減らそう 後編
空気抵抗を減らして燃費を上手に節約する方法
空気抵抗を減らして燃費を上手に節約する方法2
速度を一定に保ち燃費を向上させるコツ
ガソリンを一滴も使わずに走る方法
ガソリンを一滴も使わずに走る方法実践編
ガソリンエンジンでも節電で燃費向上させる
充電、放電の繰り返しで消耗し寿命が近くなったバッテリーも要注意
計画的なドライブでガソリンの無駄を減らす
いつ入れる?ガソリンスタンドへ行くタイミング
アルミホイール交換 軽量化で燃費アップ
フィルター交換し、きれいな空気で燃焼効率向上
停止中はアイドリングストップでガソリン消費ゼロ
コードをつなぐだけでできるアーシングの秘密
燃費を向上させるクルーズコントロールの使い方
ハイブリッド車が好燃費を叩きだせる理由は
時には燃費が悪いこともある-ハイブリッド車の弱点
メカニズムを理解しハイブリッド車で燃費を伸ばすコツ
エンジン回転が高くても燃費が向上する高速道路の秘密
燃費がよく公害対策で規制をクリアした新型車でディーゼル復権?
ハイオク車限定でガソリン代を節約する方法
ガソリン系クレジットカードで会員価格割引
市販されてる省燃費グッズで燃費は向上させられるか 前編
市販されてる省燃費グッズで燃費は向上させられるか 後編

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system